披露宴準備編(2)「顔合わせ」

挙式まで3日に迫った、特に女性にとっては最終エステだの、最終衣装サイズ合わせだの、ネイルだの、美容関係でバタバタしている時に彼の親族が来日した。

来日したその日の晩に、某ホテルのレストランで簡単な「両家顔合わせ」をした。

言い方は悪いが「顔合わせ」をしても会話がない。
言葉の壁によりコミュニケーションが取れない。
通訳係である彼が1番可哀相なので各自が自由に席を動ける「ビュッフェスタイル」のレストランを予約した。

とりあえずビールを注目して乾杯をし、両家紹介の後、食事タイムに突入。
彼の国の人間は、とにかく食べ方が汚い。そして早い。
中国系は特に「汚く食べる=美味しかった。また来ます」という意味らしいがもう少し綺麗に食べてくれ。
エビの殻、チキンの骨をそのままテーブルに置く。いや、吐く。
吐くな!手を使え!

ビールも5杯を超えたあたりから、父・叔父・義父のテンションが上がり出した。明らかに通じていないカタコトで喋りだした。

父 「ホビーは何ですのん?」
義父「Hobby? Mm...Travelling」
父 「は?トラブル?盆栽とかしませんの?」
義父「Bon...???」
叔父「盆栽は通じまへんわ」
父 「盆栽イズ フラワー カット!」
義父「....」
叔父「盆栽はフラワーちゃいまっせ」
父 「ツリーか?」
義父「tree cut?」
父 「ワン・ツー・スリーとちゃいまっせ」
一同「アハハハハハ」

笑えね~
話が見えね~
帰りたい.....
こんなハイテンション9人の幹事は私には無理だ.....
すんません、おあいそして。