SUKUSUKU 〜インフルエンザとの闘い〜

小さい子供がいていつもばたばた賑やかな我が家もそれなりの新年を迎えることができました。でも年末に私がひどい風邪でダウンした影響で、お正月らしい飾り付けやおせちなどは用意できませんでしたが。(年末にダウンしていなくても用意しなかったかな。これは自分への言い訳ですね。)

一応お正月らしく近くのお寺に初詣に行ったり、両方の実家でおせちやごちそうをいただいて、娘へのお年玉をいただいたり毎年楽しみにしている年賀状を見たりしました。最近のお正月というのは、そういう「お正月らしい」ということをしないと「お正月だなぁ」と実感できなくなってきたように感じます。何故なんでしょうね。私が大人になったからかなぁ?

お正月が終わり、またいつも通りの生活が始まってしばらくたった頃、うちのダンナがインフルエンザにかかってしまいました!!はじめは「ただの風邪やろうから寝ていれば治るやろ」と楽観的にしていましたが、ぜいぜいひゅうひゅうの呼吸が辛くなってきたらしくて病院に行ってみると「インフルエンザA型です」とのこと。

「・・・え?・・・」
「熱測ってください」
「ないとおもいますが?」
「38.3度ですよ」
「・・・え?・・・」

ダンナ自身が、まさか熱があるとはおもっていなかったらしく、ましてやインフルエンザなんて考えもしなかったのでびっくり仰天。

それから大慌てで”隔離生活”が始まりました。ダンナに普段あまり使うことのない部屋で寝てもらうことになり、1組の布団しかないので、娘が毎日使っている大人用の敷布団を渡し、掛布団は普段夫婦で使っているもの+厚手の毛布で寝てもらい、私と娘はダブルの敷布団に娘は娘の掛布団、私は肌掛布団しかないので夏用のタオルケットやフリースのひざ掛けなどを何枚も重ねて寝ました。しかしどうやっても私は寒くて寒くて・・・。夜中に寒さで何度も目が覚め、すぐ隣でグーグー寝てる娘は寝返りするたびに大きな敷布団の真ん中を占領しますます私は眠れず本当につらかったです(泣)

昨日まで同じ部屋で、同じ布団で寝ていた娘や私は果たして大丈夫なのか??不安で不安で部屋の換気やあらゆるものの洗濯、掃除を気がつくたびにしつこいくらいにしました。ファ○リーズを部屋中にまいてみたり(インフルエンザウィルスに効果があるかは不明ですが)ダンナには部屋でマスクをしてもらったり・・・。

おかげで娘や私がインフルエンザにかかることなくダンナもすっかりよくなりましたが。

ものすごく疲れた私はダンナの一言一言が気に障り、「ダンナなんか大っ嫌いだー!!!」と夜中、布団の中で考えたりするほどストレスが溜まっていました。

イライラして、また眠れないでいると突然隣でグーグー寝ていたはずの娘が大泣きし始めたんです。もう何ヶ月も夜中に起きることのなかった娘ですが、この日だけなぜか泣いて起きてしまったので、私が「ダンナなんか大っ嫌いだー!」と思ったりしたからだ・・・と反省させられました。もしかしたらただの偶然かもしれませんが。でも子供って時々びっくりするような絶妙のタイミングで何かをすることがあるので・・・。

それにしてもインフルエンザはやっぱり怖いですね。もう二度とあんな疲れることしたくない!!来年はちゃんと家族全員で予防注射を受けようと心に誓いました。

前の記事
ユーコンブレンド