沖縄旅行記(3)

まずは、ビールで乾杯。もちろん「オジー自慢のオリオンビール」の生。美味いっ!以前に大阪で飲んだオリオンはなんだか軽い感じだったんだが、生じゃなかったせいかな?ま、体調にもよるが。

で、沖縄料理のオンパレード。出てきた順に以下、ずらずらと。

・島らっきょう
漬け物ではありません。見た目は大阪で食べたのよりねぎの根っこに近いかな?らっきょう臭さはあまりない。

・島らっきょうの天ぷら
これは美味い。天ぷらにすると甘みが出てきてタマネギに近い感じ。

・テビチ
豚足の煮物ですな。ゼラチンたっぷりでトロトロ感がたまりません。

・ラフテー
豚の角煮。なんでこんなに美味いんだろ?やっぱり豚が違うのかな?

・豚トロ焼き
特に沖縄料理ではないが、豚が美味いので当たりでした。

・三枚肉
ラフテーは固まりだがこちらはスライス。

・ナカミイリチー
豚のホルモン炒め。ナカミ=中身。これはおすすめ。

・山羊刺し
字の通り、山羊の刺身です。大阪で食べたのと比べるとやわらかくってあまり臭くはなかったよ。

・グルクンの唐揚げ
グルクンは沖縄県の県魚。赤い魚だけど白身で淡泊。唐揚げにすると骨まで全部食べられます。

・鯛の刺身
これも沖縄料理ではないです。お店の本日のおすすめだっただけ。

・ヘチマチャンプルー
ゴーヤチャンプルーのヘチマ版。ヘチマって食えるの?と思ったが、そこそこ。ゴーヤと比べると柔らかいというか水っぽい。

・スクガラス豆腐、ワタガラス豆腐
前者は豆腐の上にアイゴの稚魚の塩漬けを綺麗に並べたもの。後者は魚の内臓の塩辛を載せたもの。酒のあてには最高。

・ジーマミー豆腐
ジーマミー=地豆。ごま豆腐じゃなくってピーナッツ豆腐。さっぱり。

・もずくの天ぷら
もずく=酢の物という常識を覆す一品。なかなかの美味。

・豆腐よう
豆腐を泡盛で発酵させたもの。チーズの様な香りと味。泡盛のあてにはぴったり。

・海ブドウ
なにかは知らないですが、海草です。プチプチ感とさっぱり感が○。

ざっとこんだけ食いました。もちろん飲んでます。6人で、泡盛の720mlボトルを2本あけ、瓶出しのクースーを3合、飲みきりました。で、お勘定が4千円/1人、安い!。

店を出たのが1時過ぎかな?壊れた人がたくさんできました。(つづく)

前の記事
沖縄旅行記(2)
次の記事
沖縄旅行記(4)