戦場のピアニスト

戦場のピアニストっていう映画をみなさんはもう見ましたか?つい先日、レンタルDVDで見たんです。まだ見てない人にもわかるように少しだけあらすじをお話すると・・・・

ユダヤ人のピアニストである主人公が、ドイツ軍に迫害をうけてそれでもなんとか生き延びる・・・というお話。

悲しい・・・。つらい・・・。辛すぎる・・・。

この映画で、ユダヤ人に対する迫害がどのようなもので、どれほどのものであったか、ということはよくわかった。だけど・・・。

戦場のピアニスト・・・っていうからには時代は戦争中で、主人公も戦っていくんだろうなとなんとなく思っていたのに、ただただ、迫害を受けるしかできないユダヤの人々。ものすごい数の人々が虐殺され、そんなにしなくてもいいやんかー!!と叫びたくなるほどのむごい仕打ち。最終的にはドイツ軍が今度は迫害されてしまうのですが・・・。

戦争ってなに?ユダヤの人々はどうしてこんなひどい目にあわされるんやったっけ?知識のない私にはわからないことだらけでした。

戦争物がお好きな方にはいいのかもしれません。だけど、私はちょっと・・・・

その晩、ブルーな気持ちのままで布団の中に入りました・・・。

ゝ^)

前の記事
空間
次の記事
お絵かきロジック