Aさん(出会った人々シリーズ)

【思わずぽろっと】
 とある頭がちょっと、いやほどんど輝いているAさん
 頭をなでながらこう言った。

 Aさん「こうみえても学生の頃パーマあててたのよ」
 わたし「あーそれが悪かったんですね」
 Aさん「ん?なにに悪かったの?」

【自分のことでいっぱいいっぱい】
 とある頭がちょっと、いやほどんど輝いているAさん
 まだ、ぜんぜん輝いてないように見えるBさんと食事をしている時Bさんが
 ある薬の話しをし始めた。

 Bさん「僕もそろそろやばいんですよ手後れにならないうちに始めないと」
 Aさん「Bさん、それは、僕に喧嘩売ってるんですか?」

【ごめんわかんないよ】
 とある頭がちょっと、いやほどんど輝いているAさん
 朝から鏡を見ながらこう言った。

 Aさん「散髪に行ったんだけど、ここのとこちょっと気に入らなくって、
     自分でしゃっしゃってやったら、じょりってなってね。わかる?
     ほらここんとこ」
 わたし「はぁそうですね」

【ストレスで?】
 とある頭がちょっと、いやほどんど輝いているAさん
 いつもとちょっと違って見えたので聞いてみた。

 わたし「あれ?Aさんふえてません?」
 Aさん「そうなんよ、ストレスかな?」

【色も似てるしね】
 とある頭がちょっと、いやほどんど輝いているAさん
 ある時、らくだと写真を撮ってタイトルは「Aとらくだ」と言っていた。

 みんな「どっから見ても『みつこぶらくだ』やん。(心の叫び)」

前の記事
人並み
次の記事
危険な給湯器