SUKUSUKU 〜娘の自我と心のゆとり〜

わが娘が歩けるようになりました。

1歳を過ぎても超慎重派の娘は少しも歩く様子を見せなかったのですが、ある日机を持っていた手をそっとはずして、自分1人で立てることを確認していました。それからすぐに気がつけば1歩2歩とかなり危なげではあるけれど歩けるようになっていました。そして今やたたたっとどこまでも歩くようになりました。

今までもはいはいで自分の行きたいところまで行けましたが、立って歩けると視界がもっと広がって、楽しくて仕方ないようです。親のほうは目が離せなくて、楽しいどころではないのですが。

自分の行きたいところへ行き、したいことが出来るようになるとどんどん自我が出てきたようです。

こっちのものが食べたい、あれで遊びたい、これでないと嫌・・・などなど。そうなると、親の言うことを聞かないこともあり、困っています。子供が成長した証なのだから、少しくらいのわがまま?やいたずらは大目に見ないといけないと思いつつ、こらー!!と怒る毎日。

ふと、このままでは私、老け込んでしまう~!!と気づいた。そういえば、娘が生まれてから、友達と買い物に行ったり、お茶したりなんていうことは1度もしたことなったなぁ。

そこで、義母に娘を預けて友達とランチに行ってきました。義母は孫がかわいくて仕方ないようで、いつでも預けにおいで、と普段から言ってくれていたので、お言葉に甘えることにしました。

久々に友達とランチを食べて、少しぶらぶらとショッピングもしたりして。本当に楽しかったです。時々娘と同じ年頃の子供の姿を見かけると娘を思い出しましたが、1度も子供用品売り場に行くこともせずに過ごせました。

どこかで抑えていた物欲・・・。いっきに爆発~!!・・・とまではいきませんでしたが、自分の物ばかりを買って大満足。

母親だから、主婦だから・・・と我慢ばかりしていては、どこかで間違った方向に爆発してしまうかもしれない。幼児虐待とか、ストレスでうつとか・・・世の中こんなニュースが多いのがなんだかわかる気がする。たまには息抜きも絶対に必要だなぁ。少し、自分に都合のいい解釈だとは思うけど。

娘の自我の芽生えと共に、私の心に少しゆとりが生まれました。次は、冬物の私の服を買うぞー!新しくなったそごうにも行かなくっちゃ!!

でも我が家の財布の中身にゆとりが生まれてないけど!!!

前の記事
夢の話
次の記事
披露宴当日編