全国ポイント紹介(ショウガセ)

ダイビングには、大きく分けて「ビーチダイビング」と「ボートダイビング」があります。以前にも書きましたがビーチは歩くのが大変なので、私は主に「ボートダイビング派」です。

実際、ボートで少し沖に出た方が海も綺麗で、魚も沢山いる事が多いのですが、場所によっては、ビーチダイビングの方が有名で、面白い所もあるらしいです。(白崎海洋公園の「しゃくしの浜」とか周参見の「海中ポスト」とか)

オオカワリギンチャク

これは、和歌山県みなべ市の沖にある「ショウガセ」というポイントだけで見られる「オオカワリギンチャク」という名前のイソギンチャクです。レクレーションダイビングの最大深度である40m付近に群生する、めずらしいイソギンチャクだそうです。今のところ、こんなに群生しているのは、ここだけらしいので、すごいポイントですよね。(写真では群生してませんけど。良い写真が無くてごめんなさい。)

これら「ダイビングポイント」ですが、地元のガイドさんが、実際に海に潜って、よさそうな場所を探しているそうです。私たちが水中世界を楽しめるのも、ガイドさん達の並々ならぬ苦労があってのことなんですね。(中には、船を沈めたりして、自分たちで作るポイントもあるそうです。)

ダイビングを始めた頃は、どこのポイントでも同じように楽しめました。ところが今では、ポイントによって違う楽しみ方が出来る様になりました。これって私も少しは余裕が出来たということでしょうか。これからも、もっと色々な楽しみを見つけたいと思います。

前の記事
MSDなんだから